再発リスクを下げる

案内する女性

どんなタイプでも施術可能

初めてのいぼ治療に関しては、整形手術をするのか、あるいは内服薬や外用薬を使用するのか、まずは方法を医師としっかり話し合いましょう。というのは、後々、治療に時間がかかる上に効果が薄いことを知った体験談も耳にするからです。また、質の良い手術についての考えは人それぞれですが、痛みがないことや傷跡が残らないことに関しては主治医に誰しもが相談すべきです。ちなみに、美容整形外科のみならず、美容皮膚科でも施術を受けることが可能です。医療機関においては、液体窒素を用いるケースが多いようですが、初めてならば気付けないのが【色素沈殿】です。どういった手術であれ、術後のケアは必須です。軟膏を塗ったり、パッチを付け替えたりなど、術後のケアは怠ってはなりません。費用対効果という意識は頭から抜かしましょう。術後のケアを忘れて、シミや傷跡が残ることにもなり得るからです。治ったらもう安心、こうした油断は大敵(禁物)で、ウイルス性のいぼは再発リスクも残る場合があるのです。術前・術後は、栄養を摂って免疫力を高めておくことも、患者が行うべき最低限の生活ルール・マナーです。

いぼは、痔も含めて全身にできる皮膚病です。健康を害することはなくとも、美容の観点から手術という方法を選択する人もいるでしょう。できている部位によって適した手術方法を選ぶのですが、新たなコンプレックスを生む可能性も0ではないのが、見た目重視となる【顔いぼ】で、内容の理解がポイントになります。美容皮膚科の多くが、低温火傷の状態にさせるため、皮膚を凍結する液体窒素での施術を提案してくれます。皮膚の細胞にダメージを与えるため、ウイルス性や老人性が混在していたとしても対応可能なのがこの方法なのです。見た目重視となるパーツ、その場合には早く治せることが要ですが、尋常性疣贅などのウイルスが原因で発生するのならば、再発の不安もあるでしょう。しかし、先に述べたように皮膚を壊死させることで再発リスクは限りなく0に近いようです。また、各医療機関によっては綿棒やスプレー法、ピンセットでつまむ方法などを提案してくれます。いぼの種類だけで手術内容が決まるワケではなく、いぼの数やできている部位、大きさなどによって決まります。ですから、予算を含め、要望は先に伝えておくことで、実績あるクリニックならばスムーズにコトを運んでくれます。

女性

綺麗に治す方法

いぼ手術を行なった箇所は、できるだけ衛生的にし、顔の場合はその部分だけは抜糸するまではメイクは避けます。手術は範囲ギリギリで切除する場合もあれば、少し範囲を広げて行う場合もありますが、安全に治すようにサービス体制が整えられています。
女性

キレイなお肌になる

いぼの手術を行う場合、美容皮膚科を受診したほうが仕上がりもキレイになる、ということがあります。施術方法も種類があるのでどういう方法で取り除くことがベストなのか、クリニックで相談をしてみるとよいでしょう。
鏡を見る女性

気になる部分を美しく

気になるいぼは、原因となる細胞を深部から完全に除去し、再発を防ぐ方法で的確に手術することが大切です。そのためにも、カウンセリングでしっかりとした説明を受け、信頼できる美容クリニックで納得いく方法で施術することが大切です。
女性

ケアが大事な治療

いぼの治療方法のひとつに手術があります。大きないぼの治療にも対応しているなどのメリットがあります。手術自体は日帰りで受けることが可能ですが、事前の診察や治療後のケアを考えると、時間がかかることを理解する必要があります。
医者

仕上がりの美しい方法です

いぼが大きかったり、液体窒素の治療では長引く可能性がある場合は、電気メスによる手術を行っています。日帰りで治療が受けられますし、局部麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはありません。仕上がりの美しさを重視した治療を心掛けています。

Copyright© 2019 術式もバリエーション豊富に展開されている All Rights Reserved.